トライアル

青汁の注意点

青汁を健康の為に飲んでいる方は多いのですが、体に良いものだからといって、まったく無害であるわけではありません。
太陽の光に含まれる紫外線は、雑菌を殺し清潔な環境を整えてくれます。
しかし、大量に浴びることで皮膚病や眼病に影響が与えることも知られています。
空気に含まれる酸素もそう。
なくては呼吸ができなくなりますが、過呼吸(=酸素の過剰摂取)により体調を崩すことがあります。

青汁にはたくさんの栄養素が含まれており、それらが健康維持に役立っているのですが、それらを大量に摂取することで、やはり悪影響を引き起こすことがあります。
特に病気の治療中の方など、薬との影響をよく医者と相談して摂取する必要があります。
また、自分は病気はない、健康だから大丈夫ということもありません。
一日に摂取する量はよく確認して飲みましょう。
過剰に摂取することで高カリウム血症を引き起こし、吐き気、低血圧、不整脈を引き起こす恐れがあります。

いかんせん血液の状態を悪化させるというのは、体全体に悪い影響を及ぼすわけで、それだけ恐いといえましょう。
医者から処方される薬には、一日何回、どれくらいの量を飲むのか、必ず指示されます。
「クスリ」は体を楽にしてくれますが、過剰に摂ることで逆さまの「リスク」となり危険だからですよね。
青汁に関しても、健康を維持するために正しい使用方法で、安全に使用したいものです。